5.テレアポで、褒めるべきは、お客様本人ではない!?

テレアポでは、訪問の営業と同じように、お客様を褒め、気分良くなっていただくことが必要であることを紹介しました。
しかし、お客様を褒める、というのは意外と難しく、下手をすると、
バカにしてるのか?
と怒られてしまうこともあります。

rapture_20130930221800
そのようなときに、誰でもできる「上手なほめ方」があります。
相手の気分が必ず良くなる褒め方は、
本人ではなく、お客様が大切にしているものを褒める
ことです。
お客様が大切にしているものの例としては、
・孫
・自宅の庭の花
・こだわりのある家具
・ピカピカに磨かれている自動車
など、探そうと思えば、会話の中から、いくらでも見つかります。
このような、お客様が本当に大切にしている物などを褒めてあげると、ほぼ間違いなく喜んでいただけます。
また、夫婦関係が悪いお客様の場合には、夫婦の相手方の大切にしている、
・自動車
・ゴルフセット
・趣味で集めているもの
などを会話で触れると、
夫婦の相手方の悪口
を言い始めます。
これまで、誰にも言っていなかった自分の思いを聞いてあげることで、テレアポ・スタッフとお客様の関係が良好になります。
誰でも、自分の話したいことを話し、悪口なども聞いてくれるのは、本当に仲の良い友人だけだと思います。
それをあえてしてしまう、テレアポのテクニックもあります。

free space


最近の投稿