3.テレアポで、いきなり変なことを言ってみる!?

テレアポの仕事では、
お客様が全然、話を聞いてくれない!
何を説明しても、反応がない!
ということがあります。

rapture_20130930222525

会話を始めることができなければ、テレアポの目的である、訪問や試供品の送付などをすることができません。
このような話しを聞いてくれないお客様に対しては、
いきなり変なことを言ってみる
と上手くいく場合があります。
人間は「突然、変なことを言い出す人」がいると、無意識のうちに、集中して話しを聞くようになります。
それを上手に利用し、会話の流れとは少し異なった内容について話してみると、その部分については必ず覚えてくれているものです。
また、お客様がテレアポ・スタッフを信用しないのは、スタッフに関する情報が少ないことが理由になります。
友達なら知っているであろう、出身地や(下の)名前、あるいは、テレアポの仕事を始めた経緯など、お客様が知って安心する内容について、いきなり話してしまうのも1つのテクニックになります。
どこの誰が、どのような経緯で電話をかけているかが分からないから警戒されるのです。

その理由が分かれば、警戒を解くために必要な情報を「勝手に伝えてしまう」という方法をとることもできます。
何を言っても聞いてくれない、信用してくれない、というときにお試しください。

free space


最近の投稿