1.テレアポの基本は、話すことではなく”聞くこと”!

テレアポの仕事をしたことがない方、あるいは、今から始めようと考えている方の中に、
テレアポは、自分がどんどん話して、お客様に納得していただく!
と考えている方がいると思います。

あるいは、上手な営業トークがアポイントをとる秘訣だ、と考えている場合もあります。

rapture_20130930222548
しかし、経験上、テレアポ・スタッフの方が話し過ぎてしまうと、アポ取得率は極端に下がってしまうものです。
通常、突然の電話がかかり、出てみたところ、営業を目的としたものだった、というだけで不快に感じてしまうものです。
さらに、自分の話しを聞かず、一方的にしゃべり続けているようだと、お客様も怒ってしまうと思います。
これは、訪問営業についても同じように言えることですが、テレアポ・スタッフも営業マンも饒舌(じょうぜつ)である必要はありません。

お客様を不快にさせず、気分よく話をさせていただくためには、
お客様に話しをさせる
ことが重要です。
自分が知りたいと思っていること、体調の不安、自慢話など、何でも良いので、お客様に話していただくことを基本とすることが重要です。
そして、お客様に話していただくには、上手に問いかけ、質問してみることが必用です。
質問された方は、通常、自分の頭で言いたいことを整理し、話しだします。
それを利用するのがポイントです。

free space


最近の投稿