2.テレアポは、飛行機と同じ!最初と最後が重要な理由とは?

テレアポの仕事でもっとも慎重になるのは、
・お客様が電話に出た瞬間
・クロージング
の2つになります。

rapture_20130930222432
よく飛行機の操縦にたとえられ、営業では、最初と最後が重要と言われていますが、個人的には、「最初」に全神経を集中します。
まず、最初にお客様が電話にでた瞬間からの5秒~10秒程度の時間を「導入時」ということにします。
まず、スピーチや講演などでは、1分間あたり300文字程度のスピードで話すと、心地よく聞いていただくことができる、と言われています。
すると、5秒~10秒間で話せる文字数は、25文字~50文字程度ということになってしまいます。
通常、テレアポの電話を受け、5秒~10秒も話しを聞いたら、
・興味がある、ない
・切りたい、聞いてみたい
の意思は決まっているはずです。
そして、テレアポの話しが、早口で何を言っているのか分からない、あるいは、何を目的としているのか分からない、という場合は、
「すぐに切るぞ!」
と意思決定しているものです。
そのため、テレアポの導入時は、
「○○会社の△△というものですが、・・・」
というパターンは失敗します。
理由は、△△さんという方と話しをすることに、意味があるかないかが分からず、イライラしてしまうからです。
販売する商品によって異なりますが、
△△さんという人に少しでも関心をもって頂けるような言い方
をじっくり考える必要があります。

free space


最近の投稿