1.トークスクリプトは、テレアポ・スタッフに作らせる!?

テレアポの仕事には、「トークスクリプト」というものを使うことがあります。
トークスクリプトは、テレアポをするときの台本のようなもので、お客様の返答・対応に応じて、次に何を話すのかが決められているものです。

rapture_20130930222051
インターネットで検索すると、
「テレアポで結果が出せるトークスクリプト!」
などの情報を多く見かけます。
しかし、トークスクリプトに力を入れ過ぎてしまうと、結果として、
お客様を無視した対話
につながる危険があります。
また、テレアポ・スタッフの1人1人が異なる感覚・思想をもつ人で、お客様も1人1人異なります。
テレアポ・スタッフの全員が、まったく同じトークスクリプトを利用するのは、あまりにもお客様を低く見ていることになります。
トークスクリプトを作るのであれば、最低限、自分にあったものをテレアポ・スタッフ自身が作らなくてはなりません。
飛び込みの営業で、100人の営業マンがマニュアルどおりの営業をしたら、物やサービスを販売することはできません。
テレアポも飛び込み営業も、人と人との信頼関係を築き上げていくものでなければならないと考えます。
最初の導入時とクロージング部分については、トークスクリプトが役立つことがあるのは事実です。
必用な場合は、その部分についてだけ、作るようにしてください。

free space


最近の投稿