2.テレアポが嫌になってきたときに、するべきこととは?

テレアポの仕事をしていると、思うようにアポが取れなくなることもあり、また、厳しいノルマが課せられていることなどで、
仕事が嫌になる時期
というのが必ずあります。

rapture_20130930222356
そのようなときは、期待する結果が出せていませんので、トークスクリプトなどを作りかえる、あるいは、捨ててしまうことも必要です。
個人的には、トークスクリプトは「なくて良いもの」と考えていますが、必要に応じて用意することもできます。
しかし、トークスクリプトどおりの「導入」と「クロージング」で結果が出ないなら、そのトークスクリプトは、もはや役立つことはありません。
テレアポでは、どのように話しを展開し、何のテーマについて世間話をするかは、お客様1人1人異なります。
そのため、テレアポのパターンがワンパターンになっている状態では、
偶然、そのパターンに合う人
だけしかアポが取れません。
テレアポは、知らず知らずのうちに”ワンパターン”の断られ方をするようになるものです。
そのようなときは、これまでのやり方を捨て、「初心者」に戻ることが必用です。
これまで覚えてきたテレアポについての技術などを捨ててしまい、
お客様だけを見るようにする
ことで、スランプから抜け出せることがあります。

free space


最近の投稿