6.テレアポの世間話では、お客様の役立つ情報を提供する!

テレアポで上手にお客様からアポを取るには、“焦らないこと”がとても重要です。
焦ってしまっているテレアポ・スタッフは、早く結果を出したいため、
お客様に「はい」と言わせようとする
傾向があります。

rapture_20130930222449
これに対して、余裕をもってテレアポをしている方の場合は、
お客様に考えてもらい、会ってみる、という意思決定をさせている
傾向にあります。
人は誰でも、「○○しなさい。」と言われたことに従うのは嫌います。
基本的には、自分で考えて「○○する!」と意思決定したいと考えているからです。
そこで、まずは、お客様との世間話を楽しむようにし、最終的にアポを承諾してもらう、というプロセスを考えることになります。
ここで、「何を話したらいいのか分からない!」という方もいるかも知れませんが、基本的には、「お客様の役立つ情報を提供する」ことに徹するのが良いと思います。
健康に関する商品を扱っているのであれば、
健康に関する世間話し
をするように心がけ、お客様が知っておくと良いのでは、という情報を教えてあげるようにしてください。
テレアポでは、聞き役に徹することが基本ですが、聞かれたことについては、丁寧に説明してあげることも有効になります。

free space


最近の投稿