5.テレアポに向いているのはどのような人か?

テレアポの仕事は、他の仕事に比べ、集中力や忍耐力が必用になります。
しかし、非常に限られた人にしかできない仕事というのではなく、
頑張れる人ならできる
仕事と言えます。

rapture_20130930222051
また、「自分がテレアポの仕事に適しているかどうか?」という点を気にされる方がいます。
テレアポに適した人、というのもありますが、私の経験では、
地方出身者
であると、結果を出しやすい、という印象があります。
まず、なぜ「地方出身者」が良いのかというと、
・多少の訛(なま)りを使うことで、話しを聞いてもらいやすい
・出身地の話題になりやすい
というメリットがあります。
お客様の住んでいる地域と異なる方言で話すと、無意識のうちに「注意して聞かないと、聞き洩らしてしまうかも」という心理が働きます。
そして、テレアポをする地域とアポインターの出身地の組み合わせを考えることで、
誠実性を感じさせられる場合がある
のです。
しかし、関西地方に電話をかけるのが関東地方出身であったり、その逆である場合は逆効果となることもあります。
また、お客様の住んでいる地域と異なる言葉で話しますので、
・自分から出身地の話しができる
・お客様から質問されることもある
というメリットがあります。

まったく知らない人からの電話を受け、アポインターの出身地を知るだけでも、お客様の警戒心を解くきっかけとなる場合もあるのです。

free space


最近の投稿