4.離職率の高いテレアポの会社は、応募しない方が良いのか?

テレアポの仕事に挑戦してみたい、と考えている方もいるかも知れません。
しかし、テレアポの求人が「常に掲載されている」のを見ると、
応募した人が、すぐに辞めてしまう会社なのか?
と少し不安になると思います。

rapture_20130930222130
ここで、「離職率の高いテレアポの会社は、いわゆるブラック企業なのか?」という問題がありますが、テレアポの場合は、離職率と会社に問題があるかどうかは無関係です。
まず、離職率が高いのは、テレアポの仕事が
誰でもできる仕事、というわけではない
からです。
強い忍耐力や集中力が求められる水準は、他の仕事よりも高くなります。
しかし、極端に離職率が高い会社の場合は、
お客様に迷惑となるテレアポをさせている
可能性があるのも事実です。
本来であれば、無理強いして取ったアポは、契約に至ることも少なく、質の悪い「見込み客」となるので、このようなやり方はしないものです。
しかし、テレアポ会社の方針によっては、
「売れないなら、売りつけろ!」
「苦情は、あって当然だ!」
というケースもあります。
このようなテレアポを続けていても、技術的なことは何も身に付かず、精神的なきつさを感じるだけです。
お客様に好かれる方法を考えることに集中するべきです。

free space


最近の投稿